LINEが変えたコミュニケーション

人にとって一番大切なのは会うことです。
会って会話を交わして、その中ではにかんだり、熱く見つめあったり肌を擦り合わせてみたり。
つまりデートをすることがお互いの気持ちを通じ会わせるのに一番大切なコミュニケーション手段であることは間違いないです。

ではデートに至るまでにどうするか。
LINEでのコミュニケーションが非常に便利です。

時代を経る毎に、異性間のコミュニケーションは会話に近いところに進化を遂げましたね。
手紙を使って数日のインターバルを置いて連絡を取っていたものがメールの誕生で即時性をもった手段に進化しました。
しかも、相手の両親の目をすり抜けて連絡が取れるんです。

LINEは更に発展しました。
顔文字だけでなく、スタンプを使うことによってメッセージに感情を乗せることが出来るようになりました。

会って会話をすることが大事なのは言葉の字面には乗らない感情を相手に伝えられるからです。
LINEはその感情部分を擬似的に表現出来るようになったのです。